So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
                                                                   

千三百年の間、藤原氏に消されてきた伯耆国(鳥取県中西部)の真実の歴史が、今よみがえる。

倭国大乱の原因 ブログトップ
前の10件 | -

倭国は、卑弥呼たちが弥生後期に全国と半島を統一するまで小国であり、鳥取県中部であった [倭国大乱の原因]

1 青谷上寺地遺跡発掘調査報告書4(2002年) 第5章 青谷上寺地遺跡をめぐる諸問題 第4節 殺傷痕のある人骨をめぐる諸問題 より

11%20aoyakamiziti%20zinkotu.jpg
(1)弥生時代の戦い

名称未設定-1.jpg
 次に墓壙内出土の鏃について検討する。すでに述べたとおり、青谷上寺地では銅鏃およびその可能性のあるものが嵌入した人骨が4例あり、全国的にも鏃の嵌入例または墓壙内出土例が多いことから飛び道具としての鏃の検討は避けられない。表33に山陰を中心とする日本海沿岸地域における鏃の墓壙内出土例をまとめた。丹後の墳墓には鉄製武器や工具が副葬される場合が多く、鏃のみの場合もなくはないが、基本的に墓壙内の鏃は副葬品と思われる。但馬の東山墳墓群では5基の墓壙より鉄鏃(1点・1点)・銅鏃(2点・1点・1点)が出土しているが、木棺の側板が立つ位置にあるものや棺外にあるものが大部分で、人体に嵌入したものとは思えず、やはり副葬品であろう。
 青谷上寺地と同じ因幡に所在する2遺跡はどうであろうか。鳥取市布勢鶴指奥墳丘墓SX06には銅鏃(1点)が認められた。出土状況からは墓壙内に残されたいきさつは判断できないが、中心主体部の底面形態から埋置された棺が舟底状木棺と考えられることや破砕した土器を供献する点に丹後あるいは但馬といった東の影響を見て取ることができ、銅鏃についても副葬品と考えたほうが妥当であろう。鳥取市桂見1号墓は後期末に属するものであり、第1主体(1点)と第3主体(1点)から鉄鏃が出土している。第1主体例は墓墳上面の出土であり、第3主体は写真を見る限り底面直上付近と思われるが、ヤリガンナと並ぶように出土していることから、両者とも副葬されたものと思われる。西伯の大山町仙谷3号墓第5埋葬主体の鉄鏃(1点)は底面直上と報告されているものであるが、人体に嵌入していたものかどうか判断できない。こうしてみると墓壙内出土の鏃は青谷上寺地人骨にかかわる後期に属するものに限れば、副葬品と判断されるものがほとんどで、人体に嵌入したものと分かるものはない。    (湯村 功)
(2)青谷上寺地と「倭国大乱」との関係
 以上のように見てみると、青谷上寺地遺跡において殺傷痕の残る人骨が埋められた時期、言い換えれば多数の殺傷痕を生じさせる何かが起こった時期というのは、史書に伝える「倭国大乱」の時期と重なるものの、遺跡周辺地域においてはそれを考古学的に証明することができない。「倭国大乱」と呼ばれる争乱は記述によれば国々の争いであり、考古事象に現れる場合は広い地域に共通する社会の動きが見出せるはずである。青谷上寺地の弥生後期後半に起こった出来事は、環濠の掘削や廃絶との関係で顕著に示されたように山陰から丹後までの日本海沿岸地域の中では弥生社会の動きと連動したものとは思えない。
 断っておきたいが、弥生時代の戦いそのものを否定はしないが、弥生後期後半に青谷上寺地で起こった多数の殺傷痕を生じさせた出来事は、それ以外の考古事象からは「倭国大乱」を直接的に示すものとは断定はできないことがいいたいのである。もちろん人が多数傷つき、埋葬された遺体を掘り起こして環濠に埋め込むことなど、とても尋常なこととは思えない。何かが起こったであろう。しかし安易に「倭国大乱」と結びつけることは危険である。何が起こったのか、それを明らかにすることはできなかったが、近年盛んな「弥生戦争論」に対する問題提起としたいのである。    (湯村 功) 


2 青谷上寺地遺跡出土鉄器の総合的評価
・・・・・。
 中期後葉段階には鍛造工具が一定量存在し、同段階の鉄片、棒状鉄器には加工痕が認められることから、集落内での鉄器生産が開始されたと想定する。稚拙なつくりの袋状鉄斧、板状鉄斧や裏すきをもたない鉇などは本集落の所産である可能性が高い。それらに、相対的に良質な鉄斧や舶載品が加わる組成となる。簡易なつくりの鉄斧と複雑かつ立体的なつくりの鉄斧二者は後期初頭から古墳前期初頭まで九州系の製品が見られることもあり同期まで共存する。また、製品から別の製品を得ようと試みた未製品と見られるものは中期後葉段階から見られるが、初期のものは再加工の技術も稚拙である。後期でも概ね後半段階になると数量的にも一気に増加し、製品の形態や大きさに目的に沿ったバリエーションが出てくる。再加工を含めた鍛冶技術の進歩も看取でき、鋳造鉄器破片の再利用の仕方も中期段階に比して変化が認められる。      (高尾浩司)


3 私見

青谷上寺地遺跡-1.jpg

(1) 魏志倭人伝には「倭人は、帯方郡の東南の大海の中(日本海沿岸=鳥取県中部)にあり、山(蜘ヶ家山・四王寺山・土下山・向山・大平山など)や島(北条島・大島・穴窪=軽島之明宮・龍島など)によって国や村をなしている。・・・。倭の兵器には、矛・楯・木弓を用いる。木弓は下を短く、上を長くし、竹の矢には、鉄鏃(宮内第5遺跡)や骨鏃(青谷上寺地遺跡)を用いる」とあり、倭国は銅鏃を用いない。青谷上寺地遺跡から弥生時代後期以前の鉄製品は274点出土している。このことより、少なくとも、青谷上寺地遺跡は銅剣・銅鐸の青銅器文化の一族(出雲族)ではないことが判る。青谷上寺地遺跡から出土した60点の銅鏃は青銅器文化の一族(出雲族)が青谷にいた一族を虐殺するために用いたと思われる。骨鏃は青谷上寺地遺跡から42点出土している。鉄鏃は鳥取県中部の王族に渡していたと思われる。

 「海中」の意味は「対岸」である。事代主や準王の文章にも「海中」とある。倭国(倭州)とは、当時、列島に100あまりあった小国の一つであり鳥取県中部であった。
(2) 日本書紀・垂仁天皇・石上神宮には「五十瓊敷皇子は、菟砥の河上(川上)においでになり、鍛冶の名は河上(川上)という者をおよびになり、太刀一千口を造らせられた。この時に楯部・玉作部・神刑部・日置部・太刀佩部など合わせて十種の品部(舎人)を、五十瓊敷皇子に賜った。その一千口の太刀を忍坂邑に納めた。その後、忍坂から移して石上神宮に納めた」とある。
 垂仁天皇(私見では在位230年~250年)は古墳時代前期の天皇であり、湯梨浜町大字川上(字鍛冶屋谷)宮で太刀一千口を造らせた。材料は三朝町から得た。三朝町で204のたたら遺跡が見つかっている。その刀を忍坂邑(三朝町片柴)から倉吉市大原の石上神宮に納めた。
 当時、青谷と鳥取県中部とは鉢伏山側を通る県道51号線で湯梨浜町川上集落まで結ばれていた。近世は因幡国であるが、当時は鳥取県中部に属していた。鍛冶技術を持ったものが青谷から湯梨浜町川上に来たと思われる。
(3) 湯村功は「木棺の側板が立つ位置にあるものや棺外にあるものが大部分で、人体に嵌入したものとは思えず、やはり副葬品であろう」とするが、こういうものは副葬品ではない。湯村功は鉄鏃・銅鏃はすべて副葬品だとするが、九州(鹿児島県・佐賀県・福岡県)で出土した弥生中期の鉄鏃は棺内にあってもすべて副葬品ではないとしている。1点や2点は人体に嵌入したものとみるべきである。
 また、「遺跡周辺地域においてはそれを考古学的に証明することができない」とするが、すぐ近くの湯梨浜町の宮内遺跡をわざと隠しているとしか思われない。宮内第5遺跡2号墳(弥生時代後期)石棺内から出土した107cmの鉄刀と12点の鉄鏃は明らかに副葬品である。きれいに並べておいてあり、生前、埋葬者が使う予定であった鉄鏃である。6年前(1996年)に刊行されていた宮内遺跡発掘報告書の鉄鏃12点を、知らないはずはない。なぜ挙げなかったのだろうか。倭国は鳥取県中部だ、という証拠を示したくなかったと思われる。
 「しかし安易に倭国大乱と結びつけることは危険である」とし「弥生戦争論」に逃げているが、「危険」とは何を意味するのであろうか。青谷上寺地の虐殺を倭国大乱と認めてしまうと倭国とは鳥取県中部にあったことになり、今までの日本の古代史の定説が覆り、古事記・日本書紀の信憑性が揺らぐからである。   

 42.jpg

 


nice!(1) 
共通テーマ:学問

第五節 鳥取県神社誌に見る倭の大乱に関係すると思われる祭神 [倭国大乱の原因]

  鳥取県神社誌に見る倭国大乱に関係すると思われる祭神

1 天穂日命
〈鳥取県東部〉
中村神社      岩美郡福部村大字中字宮ノ谷
賀茂神社      八頭郡賀茂村大字宮谷字寺坂
大江神社      八頭郡大伊村大字橋本字馬場
都波只知上神社   八頭郡散岐村大字佐貫字林ノ谷
都波奈彌神社    八頭郡散岐村大字和奈見字林ノ内
湯谷神社      八頭郡西郷村大字湯谷字大瀧
隼神社       八頭郡隼村大字見槻中字宮ノ本
日下部上神社    八頭郡安部村大字日下部字宮ノ谷
諏訪神社      八頭郡智頭町大字智頭字宮ノ前
天穂日命神社    気高郡大郷村大字大畑字森崎
〈鳥取県中部〉
五郷神社      三朝町牧560の1 
大原神社      倉吉市大原619番 
田内神社      倉吉市巌城1494番 
松崎神社      湯梨浜町松崎566番
〈鳥取県西部〉
天萬神社      南部町天万1009番
多里神社      日南町新屋70
末尾神社      手間村大字田住字松尾
御崎神社      米子市尾高
北野神社      米子市赤井手
新印神社      米子市新印137番
古川神社      春日村大字古豊千字屋敷
豊田神社      米子市古豊千
東千太神社     米子市古豊千888番
御崎神社      米子市河岡630番
北原神社      米子市福万667番
巨勢神社      米子市八幡254番3
逢坂八幡神社    大山町松河原233番
小町神社      伯耆町小町455番
三部神社      伯耆町三部824番
上の荘神社     伯耆町福吉264番
安井神社      日野町津地423番
※ 私見
 天穂日を祀る神社は八頭郡に8社あるが、国譲りの交渉に行くまで、素戔嗚と稲田姫の御殿(大江神社)を守っていた所と思われる。大国主は八頭町大江郷で生まれている。天穂日は大国主を生まれた時から知っていた。
 鳥取県中部の4社は天穂日が国譲りの交渉をするため蒜山中和村から三朝経由で降りて来たことを示している。茶臼山の松樹庵にいた大国主と国譲りの交渉をした。
 天忍穂耳や天穂日にとって荒神(荒ぶる神)とされる準王一族(出雲神族)が葦原中津国にいることは国譲りの障害であった。天忍穂耳と天穂日は準王一族の動向を探ることにした。天穂日は伊那佐山(北栄町国坂の茶臼山)の隣の三輪山(北栄町下神)にいた天忍穂耳に頼まれて、伊那佐之小浜での国譲りの交渉の時に、すでに葦原中津国に多くいた準王一族(出雲神族)の本拠地を大国主に聞いたと思われる。大国主は天穂日に準王一族の本拠地を教えた。
 天穂日は大国主の計らいで出雲神族の拠点である熊野大社の近くの能義平野(安来市)に移った。天萬神社以下の17社は伯耆国の西部であり、能義平野(安来市)に移るまでにいたところと思われる。その後、天穂日は出雲神族(準王一族)の娘と結婚し、後続部隊の手引きをした。饒速日と長髄彦の妹を結婚させたのも天穂日と思われる。
 富氏の口伝によると「神武から数代の王は出雲神族の反乱を抑えるため出雲王家の娘を妻にした」とする。

2 大日本根子彦太瓊命(孝霊天皇)
 西伯郡・日野郡はどちらも出雲国と接している。
但馬に疎開してから11年後、反撃を開始して陣取った場所と思われる。
 高杉神社 西伯郡大山町大字宮内字早稲ノ上
     現住所 西伯郡大山町宮内
 楽楽福神社 西伯郡東長田村大字中
      現住所 西伯郡南部町中(篠相)
 楽楽福神社 西伯郡尚徳村大字上安曇字宮ノ谷
      現住所 米子市上安曇
 山田神社 日野郡日光村大字杼原字村屋敷
      現住所 日野郡江府町杼原
 楽楽福神社 日野郡溝口町大字宮原字宮ノ上
      現住所 西伯郡伯耆町宮原
 楽々福神社 日野郡日野上村大字宮内字東宮ノ廻り
 楽々福神社 日野郡日野上村大字宮内字西馬場ノ筋
 菅福神社 日野郡黒坂村大字上菅字宮本
 日谷神社 日野郡山上村大字笠木字足羽
 佐々布久神社 現住所 安来市広瀬町石原

3 稚日女命(日女命=倭迹迹日百襲姫命・孝霊天皇の皇女)、(神)倭姫(比女)命、若日孁神 
  西伯郡と日野郡は出雲国と接しており稚日女命・(神)倭姫(比女)命・若日孁神は倭国大乱を終結させるため讃岐から来たと思われる。(以下は大正時代まで存在した神社)
(1)稚日女命
  折井神社    岩美郡成器村大字新井字宮の谷
 倭迹迹日百襲姫命が但馬国に逃げる途中に寄ったと思われる。倭迹迹日百襲姫命は孝霊天皇に遅れて皇居のあった湯梨浜町宮内を出た。香川県の水主神社の記録に「7歳のとき都において塵に交なく人もなき黒田宮を出られ・・・」とある。
 平岡神社 西伯郡淀江町大字平岡字向山
     現住所 米子市淀江町平岡
 富岡神社 西伯郡高麗村大字妻木字山根
     現住所 西伯郡大山町妻木
 前田神社 西伯郡庄内村大字古御堂字於局
     現住所 西伯郡大山町古御堂
 古林神社 西伯郡名和村大字加茂字以屋谷
     現住所 西伯郡大山町加茂
 前田神社 西伯郡法勝寺村大字西字宮ノ前
     現住所 西伯郡南部町西
 岩崎神社 日野郡多里村大字湯河字宮ノ前
     現住所 日野郡日南町多里
 吉原神社 日野郡日光村大字吉原字牛王ガ市
     現住所 日野郡江府町吉原
 大原神社 日野郡八郷村大字大原字貝市
     現住所 西伯郡伯耆町大原
 安屋咩神社  安来市赤江町400 
(2)(神)倭姫(比女)命
 天萬神社 西伯郡手間村大字天萬字下宮尾
     現住所 西伯郡南部町天萬
 高野女神社 西伯郡賀野村大字高姫字高ノ女
     現住所 西伯郡南部町高姫
 蚊屋島神社 西伯郡日吉津村大字日吉津字南屋敷
     現住所 西伯郡日吉津村日吉津
(3) 若日孁神
 五郷神社 東伯郡旭村大字牧字家ノ上
 福田神社  岡山県真庭郡八束村中福田

稚日女命.jpg 
※ 私見
(1) 鳥取県神社誌で稚日女命と(神)倭姫(比女)命を祀る神社は13社あるがそのうち10社は妻木晩田遺跡周辺に集中する。孝霊天皇は岡山県側から来たとする説があるが、この稚日女命の動きを見る限り妻木晩田をねらって東側から来たと思われる。妻木晩田を攻撃する時に孝霊天皇は大山町宮内の高杉神社にいたと思われる。
 出雲神族は妻木晩田の西に逃げ、南部町の手間山に逃げ込んだと思われる。手間山の周囲3か所を稚日女命は包囲しているので手間山での攻防は激しかったと思われる。原古事記には手間山での戦いのことも書かれていたはずだが、藤原氏は欠史8代の旧辞を消して、手間山での大国主の赤猪伝説を創作した。
(2)赤猪岩神社の由緒には、「手間山鎮座の赤猪神社(祭神は大穴牟遅と刺国若比売)を大正11年に合併した」とある。大国主の母親は稲田姫であり刺国若比売ではない。刺国若比売は架空の母であり、その架空の母を祀っている赤猪神社は藤原氏によって創られたものと思われる。
 古事記に「八上姫と婚約が成立して、大国主が兄の八十神にいじめられて木国の大屋彦のところに逃げた」とあるが、私見では木国は鳥取県智頭町であり、いじめられた場所も鳥取県東部と思われる。その後、津山→蒜山→倉吉の父のいる清熊稲荷神社にやってきた。そして根国での冒険と続く。大国主の話は鳥取県東部で完結しており、南部町手間山での話は倭国大乱の激戦地を隠すための創作と思われる。近くに倭国の伝承を消すための八幡神社もある。

IMG_0129.jpg

 赤猪岩神社の案内板には「大穴牟遅神は真っ赤に焼いた石を抱いて焼け死んだ。キサ貝比売とウムギ比売は貝殻を削った粉を母乳のように練って塗ったら大穴牟遅神は蘇生した。その岩は2度と掘り返されることがないように土中深く埋められ、大石で幾重にも蓋がされ、その周りには柵が巡らされている」とある。
 掘っても無駄だと書いてある。そのような岩はないからである。おそらく地球の裏側まで掘ってもないと思われる。死んで蘇生するなどという話は青木繁の絵もあり面白いが創作と思われる。
(3)鬼住山を攻める前に孝霊天皇と稚日女命(日女命=倭迹迹日百襲姫命)は鬼住山の奥の日光村栃原と吉原にいたが、鬼住山の戦いより南部町手間山での戦いのほうが激しかったと思われる。
 倭国大乱において南部町手間山で戦いがあった。その時、孝霊天皇は米子市上安曇の楽楽福神社と南部町中(篠相)の楽楽福神社にいた。特に南部町中(篠相)の楽楽福神社の地では、手間山から出雲神族(準王一族)が逃れてくるのを待ち受けたと思われる。
 倭国大乱で手間山には出雲神族(準王一族)が立てこもっていた。大国主の兄の八十神も出雲神族(準王一族)であったから、藤原氏は大国主の赤猪岩の物語を創作した。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

倭国大乱の原因 [倭国大乱の原因]


1 出雲神族の富氏の口伝によると「ホヒ(天穂日)は出雲神族(準王一族)と婚姻関係を結んで、後続部隊の手引きをした。出雲神族(準王一族)の反乱を防ぐため、神武から数代の王は、出雲の王家の娘を妻に迎えた」とある。
 出雲には「出雲族(準王一族)の姫を天皇家が殺したから攻撃を始めた」とする伝承がある。これが倭国大乱の原因と思われる。


2 孝霊山の伝承
 鳥取県の大山北麓に孝霊山という山がある。この山に孝霊天皇の伝承が伝わっている。
 第7代孝霊天皇(私見では120年生~211年没)の時代のことです。
「伯耆国の妻木の里(大山町妻木)に、朝妻姫という大変美しくて心がけの良い娘がいるそうな。」
「朝妻は比べ物のないほどの絶世の美女だ。」
「朝妻の肌の美しさは、どんな着物を着ても透き通って光り輝いているそうな。」
などと、うわさは都(鳥取県中部)まで広がって、とうとう天皇のお耳に達しました。
 天皇は早速朝妻を召しだされ、后として愛されるようになりました。
 朝妻は、故郷に年老いた母親を残しておいたのが毎日気にかかって仕方ありませんでした。このことを天皇に申し上げて、しばらくの間お暇をいただき妻木に帰って孝養を尽くしていました。
 天皇は、朝妻を妻木に帰してから、日増しに朝妻恋しさが募り、朝妻の住んでいる妻木の里に下って来られました。
 伯耆国(妻木)では、天皇がおいでになったというので、大急ぎで孝霊山の頂に淀江の浜から石を運び上げて、天皇と朝妻のために宮殿を建てました。そのうちにお二人の間に若宮がお生まれになって鶯王と呼びました。

孝霊山.jpg

孝霊天皇.jpg

※ 私見
 2世紀後半では、妻木とは妻木晩田遺跡の地であり、孝霊天皇と朝妻姫の宮殿は長田集落の上(山側)にあったはずである。
 宮殿の比定地は東海(日本海)に臨み、見晴らしがよく、国見が出来きる。孝霊山周辺では、天皇が住む宮殿の立地条件としてベストである。長田集落の隣は妻木晩田遺跡である。

3 鳥取県大山町宮内の高杉神社
 祭神 大足彦忍代別命(景行天皇)、大日本根子彦太瓊命(孝霊天皇)、押別命、本媛之命(朝妻媛と思われる)、松媛之命、千代姫之命、小葉枝皇子、根鳥皇子
 由緒 創立年代不詳。寛永七年寅三月由来書き上に、境内に杉生長すること他に異なり大山金門鳥居の笠木に衆徒より望まれ之を截る。それより災妖止むときなく云々とあり。雄略天皇丙辰の歳(476年)近郷衆庶に崇あり、恠事年累ね人民之を歎く。その時神の託宣に二人の官女たる松媛之命、千代姫命の霊魂が細姫(朝妻媛と思われる)に対し嫉妬の崇ありとし、これを神廟に祭祀しお告のままに宮殿を建造し一ノ御前社(本殿)二ノ御前社(中殿) 三ノ御前社(末殿)と奉祀し、祭日には嬲神事とて三人の仕入物忌神懸りあり幣帛を以て打合せ式あること絶えず。

4 私見
(1) 祭神の中で大足彦忍代別命(景行天皇)だけが他のどの祭神とも関係がない。藤原氏は記紀を改ざんしているので、記紀との整合性を図るため、いつの時代か大足彦忍代別命(景行天皇)を挿入したと思われる。本来、倭建命は大足彦忍代別命(景行天皇)ではなく孝霊天皇の皇子であった。
(2) 祭神に本媛之命とあるが、これは細姫ではなく朝妻姫と思われる。孝霊山の中腹に孝霊天皇と朝妻姫のために宮殿を建てたのだから、その山の麓の孝霊天皇を祭る神社の本媛は朝妻姫しかいない。細姫は孝霊天皇が日南町の宮内に移ってからそこを訪れ福姫を生んだという由緒・伝承がある。
(3) 雄略天皇丙辰の歳(476年)に祟りあり、その後一ノ御前社(本殿)二ノ御前社(中殿) 三ノ御前社(末殿)を建造した。創立年代不詳とあるが、476年ころには創建されていた。藤原氏は伯耆国の神社の多くに創立年代不詳と書かせている。藤原氏が台頭する奈良時代(1300年前)以前から伯耆国に神社が創建されていたことを隠すためである。
(4) 出雲には「出雲族の姫を天皇家が殺したから攻撃を始めた」とする伝承がある。出雲族の姫を孝霊天皇は殺していないが、孝霊天皇が出雲族の姫と接触する機会があったのは妻木晩田の朝妻姫たち(高杉神社由緒の朝妻姫之命、松媛之命、千代姫之命)とである。妻木晩田遺跡の発掘により、妻木晩田に住んでいたのは出雲族であった。四隅突出型墳丘墓(王墓とされる)が11基見つかっている。朝妻姫之命、松媛之命、千代姫之命の三人とも孝霊山の麓の妻木晩田出身であり、出雲族の王家の娘と思われる。松媛之命、千代姫之命は本媛之命に嫉妬していたので自殺したのかもしれない。「うわなり神事」は海岸まで行く。それを孝霊天皇が殺したと出雲族に伝わったと思われる。
(5) 妻木晩田遺跡より

IMG_0034.jpg

 この方角から見る孝霊山が一番きれいに見える。
 案内板には「ここからは、妻木晩田遺跡の南側を眺望することができます。奥側に大きくそびえる三角形の山は孝霊山です。妻木晩田遺跡内からは大山が見えないため、妻木晩田の弥生人が日常的に仰ぎ見ていた山は孝霊山です」とある。
mukibabbda.jpg

 妻木晩田遺跡は1世紀前半(紀元0年~50年)から人が住みはじめ、2世紀後半(150年~200年)をさかいに、妻木晩田のムラは少しづつ衰えていき、古墳時代初め頃には住まいがほとんど見られなくなる(妻木晩田遺跡公式ホームページより)。
(6) 孝霊山の伝承は、まだ倭国大乱になる前(158年以前)の平和な時代の伝承と思われる。その後、出雲族の姫を殺したとして、出雲神族(準王一族)は青谷上寺地遺跡、湯梨浜町宮内を攻撃したので、孝霊天皇一家は天之日矛族のいた但馬に疎開した(158年)。
 孝霊天皇一家と天之日矛族は11年後(169年)、反撃を開始する。孝霊天皇自身は但馬から因幡、伯耆の日本海側ルートで反撃をした。大吉備津彦(崇神天皇)、若日子建吉備津彦(倭建命)、倭迹迹日百襲姫命(倭姫命)たちはまず瀬戸内海の島々から攻撃を開始して、吉備国の平定に向かった。鬼住山の奥の日光村で孝霊天皇と合流し、その後日野町、日南町を経て、出雲に入ったと思われる。出雲国が降参して出雲族の母親を持つ卑弥呼(倭迹迹日百襲姫命)を共立してから、孝霊天皇は孝元天皇に皇位を譲り、広島県府中市の南宮神社に住んだ。その後も、倭姫命と倭建命と皇軍(物部・天之日矛族)の征西・三韓征伐(173年)・東征・崇神天皇の即位(188年頃)と続いた。


nice!(0) 
共通テーマ:学問

吉野ヶ里遺跡は全国に分布する銅剣・銅矛を作る中心地だったのではあるまいか [倭国大乱の原因]

 吉野ヶ里遺跡は全国に分布する銅剣・銅矛を作る中心地だったのではあるまいか。

1 日本書紀・崇神天皇・神宝・において「このとき出雲臣の先祖の出雲振根が神宝を管理していた。しかし筑紫の国に行っていたので会えなかった。・・・出雲振根は筑紫から帰ってきて・・・」とある。吉野ヶ里遺跡のある平野を筑紫平野というので、出雲振根は吉野ヶ里に行っていたと考えられる。吉野ヶ里遺跡の周辺では銅剣・銅矛の鋳型も見つかっている。また銅鐸の鋳型も見つかっているから、吉野ヶ里は青銅器文化の一族であり、出雲国と同盟関係にあったと思われる。 

2 吉野ヶ里には殷王朝末裔の準王一族が住んでいたのではないかと推測される。溝と柵の位置が通常と反対であるのは、中に奴隷がいたから逃げられないようにするためである、という説や二千以上の遺骨は祭祀の犠牲者ではないか、という説がある。頭のない遺骨などからも、生贄の風習を残していた殷王朝末裔の準王一族であった可能性が高い。

3 西野凡夫はその「新説古代史」において「熊本県阿蘇・菊池地区と大分県直入・大野地区の、弥生後期から終末期にかけての鉄鏃出土数は計336本で九州全出土数の過半数を占める。これらの鉄鏃は副葬品ではなく、住居跡から出土しているという特徴がある。この地域が弥生後期から終末期にかけて日本列島内の最激戦地であったことは疑う余地がない」とする。

稚日女尊.jpg

稚日女命(卑弥呼)を祀る神社

 ヤマト王朝の皇軍はここを拠点としていた。卑弥呼・倭健命たち皇軍は大分県直入・大野地区と熊本県阿蘇・菊池地区にかけて九州を横断している。大分県側から入ったものと思われる。

4 弥生後期、鳥取県湯梨浜町宮内遺跡2号墳で107cmの鉄刀とともに副葬されていた12個の鉄鏃が出土した。弥生時代後期に鳥取県中部には鉄鏃を使う一族がいて、九州には鉄鏃を使われる一族がいた。

7dbe944c.jpg

鳥取県湯梨浜町宮内第5遺跡2号墳より

 地元の方には申し訳ないが吉野ヶ里は邪馬台国ではない。吉野ヶ里に居た勢力はヤマト王権(卑弥呼・倭健命たち)に敵対する勢力であった。卑弥呼・倭健命たちは吉野ヶ里を攻撃している。吉野ヶ里で見つかった鉄鏃は鳥取県湯梨浜町宮内遺跡に副葬されていた12個の鉄鏃とは異なりヤマト王権が吉野ヶ里に対して放った鉄鏃である。その他の鉄製品もヤマト王権が持ち込んだものである。

5 鳥取県中部(北栄町大島)の宮崎神社由緒によれば「日本武尊征西の御時、北海の霪風御艦を悩まし奉りしが不思議の神助にて御艦引き寄するが如く本社地乾の隅に着御し給えり。尊大に歓喜し給いて宣はく『斯く清らかなる地の海面に浮き出づるはこは浮洲(島)にや』と。洲(島)の中央に大麻を挿立て、御自ら御飯を炊き給いて二尊(兄の孝元天皇が皇子のとき奉斎されたイザナギ・イザナミ)を祭り、神助を謝し給えり」とある。

 倭健命が湯梨浜町宮内の黒田庵戸宮を去られたのは1歳の時であった。倭健命はその後開化天皇になり東国を伐たれた。


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

銅鐸・銅剣・銅矛・銅戈を作ったのは殷王朝末裔の準王一族であった [倭国大乱の原因]

銅鐸・銅剣・銅矛・銅戈を作ったのは殷王朝末裔の準王一族であった。

1 準王については、三国志魏略(280年)に「その子や親が国(辰国)に居留し、韓氏の姓を僭称する。準王は海中にあり、朝鮮とは互いに往来しなかった。その後、絶滅した。」とあり、後漢書弁辰伝(432年)に「初め、朝鮮王準が衛満に滅ぼされ、数千人の残党を連れて海に入り、馬韓を攻めて、これを撃ち破り、韓王として自立した。後に箕準の家系は滅絶。馬韓人が再び辰王になる。」とある。

 準王が馬韓を攻めたのは紀元前195年のことであった。魏略には「準王は海中にあり」と記述されているが、海中とは対岸という意味であり、列島に渡ったということである。準王一族は数千人(後漢書)であり、多くが列島に渡ったものと思われる。朝鮮半島には帰らなかった。その後絶滅したとあるのは、半島には確認出来なかったので絶滅したと記載した。実は、列島に渡り、西日本を中心に全国に展開していたのである。本拠地は吉野ケ里であり、出雲であった。

2 銅鐸・銅剣・銅矛・銅戈は瀬戸内海を中心に広がっている。高地性集落も瀬戸内海を中心に広がっている。これは先住民が青銅器文化の一族を避けて、集落を高地に造ったからである。

 名称未設定-1.jpg

 最近の年代測定では一番古い銅鐸で紀元前190年頃とする。紀元前194年に列島に渡って来た殷王朝の末裔・準王一族が銅鐸・銅剣・銅矛・銅戈をつくったと解するのが正しいと思われる。列島に銅鐸・銅剣・銅矛・銅戈を作った一族の候補は準王の一族の他は見つからない。大和王権の銅製品は銅鏡だけである。

 大和王権は準王一族と神武天皇のときから敵対してきたが、第7代孝霊天皇のときに皇子の倭健命や崇神天皇、皇女の卑弥呼の活躍で全国を平定することができた。ただし、東国にいた青銅器文化の一族(蝦夷)は東北に逃げていて平定できなかった。蝦夷(青銅器文化の一族)は縄文人でもなければ、アイヌ人でもない、東北に逃げていった殷王朝の末裔準王の一族である。

3 日本書紀・景行25年・において「武内宿禰を遣わして、北陸と東方の諸国の地形、あるいは人民の有様を視察させられた」。景行27年武内宿禰は東国から帰って申し上げるのに、「東国のいなかの中に日高見国があります。その国の人は男も女も、髪を椎のような形に結い、体に入墨をしていて勇敢です。これらすべて蝦夷と言います。また、土地は肥えていて広大です。攻略するとよいでしょう」とある。

 武内宿禰は大臣ではなく皇太子のときであった。のちに第13代天皇となる。私見では在位290年~330年(古墳時代前期)である。原古事記には、入の沢遺跡が焼打ちにあったので、視察に行ったと書いてあった。「攻略するとよいでしょう」は百済史官による挿入である。倭国天皇が百済王に仕えるという構成をとる。

 日本書紀・景行40年・倭健命の再征・において・天皇は倭健命を征夷の将軍に任ぜられ、「かの東夷は性狂暴で、凌辱も恥じず村に長なく、各境界を犯し争い、山には邪神、野には姦鬼がいて、往来もふさがれ、多くの人が苦しめられている。その東夷の中でも、蝦夷は特に手強い。・・・どうか深謀遠慮をもって、良くない者をこらしめ、徳をもってなつかせ、兵を使わずおのずから従うようにさせよ。ことばを考えて暴ぶる神を鎮まらせ、あるいは武を振って姦鬼を打払え」といわれた、とある。

 倭健命がこのとき任じられたのは征夷の将軍ではなく第9代天皇であった。倭健命は第12代天皇の皇子ではないが、青銅器文化の一族(蝦夷)がどういう一族か知るのに役立つ。生け贄の風習のあった殷王朝の末裔である。倭健命と姉の倭姫命(卑弥呼)は一緒に巡行していた。稚日女命(卑弥呼)が岩手県の永岡神社に祀られているので、倭健命と倭姫命(卑弥呼)はここまで来ている。永岡神社の30kmほど手前に宮城県の入の沢遺跡がある。

入の沢遺跡.jpg

4 平成27年7月29日付読売新聞に、大和王権と続縄文・交流と軋轢と題して「宮城県栗原市の入の沢遺跡で発見された古墳時代前期(4世紀)の集落跡が、考古学者の関心を集めている。銅鏡や装身具などの出土品が大和王権とのつながりを示すとともに、丘陵上に深い溝を巡らせて防御を固めた構造は、比較的平和に共存していたと考えられていた王権と続縄文文化の間に、厳しい緊張があったことを示す可能性があるからだ。」とある。

 銅鏡・鉄製品・勾玉・管玉・ガラス玉などの遺物より、この遺跡は倭王権の遺跡である。大和王権が敵対していた一族(続縄文と表現)とは、土着の縄文人やアイヌ人ではなく、東北に逃げていた殷王朝の末裔の準王一族(蝦夷)であった。


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第十一節 孝霊天皇の黒田宮は鳥取県湯梨浜町宮内にあった [倭国大乱の原因]

第十一節 孝霊天皇の黒田宮は鳥取県湯梨浜町宮内にあった。
1 鳥取県教育文化財団調査報告書(重要だと思われる部分のみ抜粋)


遺跡名 宮内第1遺跡 宮内第4遺跡 宮内第6遺跡 宮内2・63~65号墳
遺跡所在地 鳥取県東伯郡東郷町宮内字雲山


公開日 :2014年3月13日


http://sitereports.nabunken.go.jp/13629

 ぜひご覧になってください。

発掘 1995年より

 遺跡概要


集落跡-弥生後期~古墳前期  竪穴住居跡18+土溝21+

弥生土器+土師器+勾玉+管玉+ガラス小玉+ヤリガンナ+鋤先+ボウ製内行六花文鏡+石器
墳墓-弥生後期~末  墳丘墓+土壙墓84


弥生土器+管玉+鉄剣+鉄刀+ヤリガンナ+鉄鎌+刀子
205
F3 鉄刀 107.2cm+6.8cm 宮内第5遺跡2号墳
204
210
F5 鉄刀 94.5cm 宮内第1遺跡1号墳
203


 特記事項
集落跡:土坑の大半は弥生時代後期のものと考えられる袋状貯蔵穴。
墳墓:宮内第遺跡1号墓からは全長
94cm
の大刀が出土している。鉄剣、鉄刀は同時代のものとしては日本最長。管玉には、ガラス製のものと石製のものがある。


 まとめ


 今回の調査では、宮内第遺跡(D区)において、県内では最大級の弥生時代後期の墳丘墓を検出し、号墓、号墓の主体部はその規模が山陰最大級のものである。これらの墳丘墓は、この後古墳時代前期に至って周辺に築造される、県内最大のものを含めた大型前方後円墳への墓制の移行を考える上で、非常に貴重な資料であるといえる。また、これらから出土した鉄剣、鉄刀はいずれも大陸から製作され、伝わった可能性が考えられ、その長さでは日本最長のものである。弥生時代における鉄剣、鉄刀は主に北部九州で出土しており、他地域では若干見られるにすぎない。これは、当地と北部九州との関連性を考えねばならないことであるが、東郷池という良好の潟湖を背景にした、大陸との直接交流も視野において置くべき問題と考える。


 なお、検出できた墳丘墓、土墳墓は、いずれも弥生時代後期~末に時期を設定できるものと考えられ、古墳時代にまで至ると考えられるものは埋葬形態が襲棺となるSX32のみである。このことは、墓制の変化、墓域の移動を物語っていると同時に、墳丘墓主体部及び土墳墓の軸の変化も含めて、墓域としていた集団の変化、集落の移動をも検討しなければならないものと考える。
 以上のことについては、本来であれば、墳丘墓もしくは大型前方後円墳を築造した集団を考慮し、当遺跡周辺の同時代の集落遺跡等をふまえて検討すべき問題であるが、調査員の力量不足と時間的制約から、本書では事実報告だけにとどまってしまった。今後の調査研究に委ねる課題を多く残してしまう感があるが、本書に納めた内容が、その調査研究の一助となれば幸いである。                 


                         1996年
 2 遺跡所在地


43
上(C区)と真ん中(D区)が第1遺跡である。今は崩されて道路になっている。


55
工事後の宮内の空撮


36
左が宮内集落。中央上あたりが第1遺跡(D区)である。


1 060
両サイドの丘がつながっていてその上に宮内第1遺跡があった。


IMG_0276
 第1遺跡(D区)からは下蒜山、大山、茶臼山、長瀬高浜などが見え、出雲山より見晴らしが良い。出雲山はのちに藤原氏によって造られたのではないか。下照姫は宮内から出雲山まで行かなくても、より近いここで総てが見渡せる。


3 私見


 地元の人の言っていた「宮内の古墳」とは平安時代の経塚(国宝であり奉納したのはたぶん藤原氏)のことであった。第1遺跡の1号墳や3号墳は道路工事で崩されて無くなっていた。
 宮内遺跡で弥生時代後期の大小7本の鉄剣や鉄刀が見つかったこと(日本で最長の鉄刀を含む)は全国的にみても大きな意味がある。私見によると、孝霊天皇は115年頃の生誕で156年頃には黒田宮をあとにされたから、孝霊天皇が黒田宮に居られたのは弥生時代後期となる。




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第十節 孝霊天皇の皇居であった黒田宮は鳥取県湯梨浜町宮内にあった [倭国大乱の原因]

   第十節 孝霊天皇の皇居であった黒田宮は鳥取県湯梨浜町宮内にあった。

1 日南町宮内(樂樂福神社)も大山町宮内(高杉神社)も孝霊天皇が居られたから宮内という地名が付けられたと思われる。孝霊天皇の皇居は師木にあったから、東郷池周辺である。鳥取県中部に宮内は湯梨浜町宮内の一か所だけである。この東郷池周辺の宮内は、土壌情報閲覧システム(農業環境技術研究所)によれば南側は広く黒ぼく土壌である。宮内集落は空白になっているが、黒ぼく土壌である可能性が高い。旧東郷町の埴見集落か長和田集落か迷っていたが、ここが黒田宮であろう。


 下照姫がいたから宮内という地名がつけられたとは考えづらい。孝霊天皇が居たから宮内という地名がついたものと思われる。ここが黒田宮であった。


1 051
IMG_0219
IMG_0212
宮内集落である。
2 私見


 出雲から来た一族が孝霊天皇一族を追い出したのである。


倭の大乱が終結するまでに全国の広範な地域を占領していたようである。彼らが置いて行った銅鐸の分布は広範にわたる。


松崎神社の祭神に天穂日が祀られているのはこの子孫が松崎地区も支配していたからだと思われる。時代は倭の大乱の頃である。


青銅器文化であり、鬼と呼ばれるほど残虐である。青谷上寺地遺跡では女・子供も殺している。青谷の次は湯梨浜町宮内の黒田宮を襲って宮内を占拠した。近くの長瀬高浜遺跡からも銅鏃が見つかっている。彼らはここも襲った。


3 湯梨浜町宮内の伝承は下照姫のものだけを残し、孝霊天皇の伝承は藤原氏が消していった。宮内の地名は下照姫がいたからというだけでは説明できない。


IMG_0229
倭文神社本殿 (主祭神 建葉槌命、相殿 下照姫命 、建御名方命 、天稚彦命 、事代主命 、少彦名命、味耜高彦根命)

 主祭神は大日本根子彦太瓊命(孝霊天皇)であったのを、建葉槌命に置き換えたのではないだろうか。相殿の祭神は現在の波波伎神社の祭神をそのまま持ってきたものと思われる。改ざん前は孝霊天皇と孝元天皇・卑弥呼(倭姫命)・開化天皇(倭健命)・崇神天皇(吉備津彦)であったはずである。

 藤原氏も宮内という地名を変えなかったのは、宮内の関連性を辿られるとは思っていなかったのだろう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第九節 孝霊天皇は伯耆国から大陸へ行くためのルート上にいた鬼たちを平定した [倭国大乱の原因]

 孝霊天皇は伯耆国から大陸へ行くためのルート上にいた鬼たちを平定した

 

1  孝霊天皇は妻木晩田、手間山、鬼住山、大倉山、鬼林山の鬼(出雲神族=準王一族)と鬼の発生元の出雲も平定していった。出雲で和平協定が成立してからは、孝元天皇に皇位を譲り、広島県府中市の南宮神社で生涯を終えた。いずれも天孫族が大陸に行くためのルート上にあり伯耆国の西部である。倭国大乱の最初は出雲神族の誤解から始まったが、大陸へ行くルートを確保することも大事であった。孝元天皇は皇居に残り伊邪那岐命・伊邪那美命を祀るなど後方から支援していた。卑弥呼(倭姫命)は大吉備津彦(崇神天皇)や若日子建吉備津日子(開化天皇・倭健命)と一緒に瀬戸内や吉備国を平定して但馬、因幡、東伯耆を平定してきた父の孝霊天皇と合流した。


2 孝霊天皇は倭国大乱が始まる前に大山町長田の孝霊山中腹の宮殿に朝妻姫と住んでいた。倭国大乱が始まり朝妻姫との間に生まれた鶯王が鬼住山で戦ったが、戦死した。その後、米子市上安曇、南部町中、江府町日光村、日南町宮内に行った。鶯王が大山町長田で生まれて亡くなるまで、福姫が日南町宮内で生まれて亡くなるまで、孝霊天皇は倭の大乱の間、少なくとも二十年近くは伯耆国西部に居たものと思われる。孝霊天皇の腹違いの子である孝元天皇・卑弥呼・大吉備津彦・若日子建吉備津日子・天日矛・物部や鬼に苦しめられた地元の者達の協力によって、中国地方の倭の大乱は終結した。


3  鳥取県大山町宮内の高杉神社

IMG_0468
IMG_0463
IMG_0464
 参道を奥に行くと鳥居がある。向こうの山が孝霊山である。
 祭神 大足彦忍代別命(景行天皇)、大日本根子彦太瓊命(孝霊天皇)、押別命、本媛之命、松媛之命、千代姫之命、小葉枝皇子、根鳥皇子
 由緒 創立年代不詳。寛永七年寅三月由来書き上に、境内に杉生長すること他に異なり大山金門鳥居の笠木に衆徒より望まれ之を截る。それより災妖止むときなく云々とあり。雄略天皇丙辰の歳、近郷衆庶に崇あり、恠事年累ね人民之を歎く。その時神の託宣に二人の官女たる松媛之命、千代姫命の霊魂が細姫(朝妻媛)に対し嫉妬の崇ありとし、これを神廟に祭祀しお告のままに宮殿を建造し一ノ御前社(本殿)二ノ御前社(中殿) 三ノ御前社(末殿)と奉祀し、祭日には嬲神事とて三人の仕入物忌神懸りあり幣帛を以て打合せ式あること絶えず。
 私見
 本媛とは細姫ではなく、近くの妻木から娶られた朝妻姫と思われる。妻木晩田は出雲文化である。朝妻姫は出雲族であったが孝霊天皇は出雲族であることを知っていて朝妻姫を娶った。「謎の出雲帝国」には、「神武から数代の王は、出雲の王家の娘を妻に迎えた。出雲神族の反乱を防ぐためでもあった。」とする。
 松媛之命、千代姫之命も妻木晩田の出雲族であったと思われる。本媛に嫉妬して自殺したのかもしれない。うわなり神事は海岸まで行く。「松媛之命、千代姫命の霊魂が本媛に対し嫉妬の崇あり」とするので、自殺したと思われる。この事件が出雲本家には孝霊天皇が殺したと伝わり攻撃してきたと思われる。高杉神社は孝霊天皇が但馬に疎開して11年後に反撃した時の拠点と思われる。



 おまけ


IMG_0465
 神社の前は稲刈りをしておられた。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第八節 孝霊天皇一族について [倭国大乱の原因]

   第八節 孝霊天皇一族について

1 古事記(抜粋)
 大倭根子日子賦斗邇命(孝霊天皇)は意富夜麻登玖邇阿礼比売命(倭国香媛)を娶って、夜麻登登母々曾毘売命(倭迹迹日百襲姫命)、日子刺肩別命、比古伊佐勢理毘古命=大吉備津日子命(彦五十狭芹彦命)、倭飛羽矢若屋比売(倭迹迹稚屋姫命)を生んだ。
 また、阿礼比売命の妹・蠅伊呂杼(絚某弟)を娶って、日子寤間命(彦狭島命)、若日子建吉備津日子命(稚武彦命)を生んだ。
 大倭根子日子國玖琉命(母は細姫のち孝元天皇)は、後に天下を治めた。大吉備津日子命と若建吉備津日子命とは、二人で力を合わせて、針間(播磨)の氷河のところに忌瓮をすえ、そこを針間の道の口として吉備を攻め、支配下に置いた。
  大吉備津日子命と若日子建吉備津日子命は吉備国を平定し、大吉備津日子命は吉備の上道臣の祖となり、若日子建吉備津日子命は吉備の下道臣、笠臣の祖となった。
  日子寤間命は針間(播磨)の牛鹿臣の祖。日子刺肩別命は高志(越)の利波臣、豊国の国前臣・五百原君・角鹿済直の祖、とある。
※ 私見 功績が認められ、大吉備津日子命と若日子建吉備津日子命は天皇になったと思われる。


2 先代旧事本記
 孝霊天皇
 諱は大日本根子彦太瓊尊。孝安天皇の皇太子である。母は皇后・押媛命と申しあげる。
 治世元年・癸未年の春正月、皇太子は天皇に即位された。先の皇后を尊んで、皇太后とされた。
 二年二月、細媛命を立てて皇后とされた。皇后は、一人の皇子をお生みになった。大日本根子彦国牽皇子命(孝元天皇)である。
 妃の倭国香媛、またの名を紐某姉(はえいろね)は、三人の御子をお生みになった。倭迹迹日百襲姫命、次に彦五十狭芹彦命(吉備津彦命)、次に倭迹稚屋姫命である。
 次の妃の紐某弟(はえいろど)は、四人の御子をお生みになった。彦狭嶋命、次に稚武彦命、次に弟稚武彦命である。
 三年の春正月、宇摩志麻治命の子孫の、大水口命と大矢口命をともに宿祢とされた。
 二十六年の春正月、彦国牽皇子を立てて、皇太子とされた。太子の年は十九歳。
 七十六年の春二月、天皇は崩御された。次の天皇の治世四年に、片岡馬坂陵に葬った。
 天皇は、五人の皇子をお生みになった。
 大日本根子彦国牽尊。
 彦五十狭芹彦命(吉備津彦命。吉備臣らの祖)。
 次に、彦狭嶋命(海直らの祖)。
 次に、稚武彦命(宇自可臣らの祖)。
 次に、弟稚武彦命。
※ 私見 孝霊天皇の諱に「日本」が入っており藤原氏の改ざんが見て取れる。「天皇は、五人の皇子をお生みになった」に鴬王が含まれていない。原古事記には書いてあったはずである。古事記は「倭」としており、古事記のほうが信用できるかもしれない。


3 日南町の樂樂福神社(東西二社)の祭神
(1) 大日本根子彦太瓊尊 第七代孝霊天皇
 天皇が当地を巡幸された折に鬼林山に蟠踞する邪鬼が里人を悩ます由を聞召され御一族を従えて彼の邪鬼を見事に退治された日野郡開拓鎮護の総氏神。
(2) 若建吉備津彦命(稚武彦命) 孝霊天皇の皇子
 兄皇子の大吉備津彦命と共に四道将軍として吉備の国を平定された知慮と武勇にすぐれた大神。  
(3) 大吉備津彦命(彦五十狭芹彦命) 孝霊天皇の皇子で若建吉備津彦命の兄
(4) 絙某弟命 若建吉備津彦命の母
(5) 細媛命 皇后 孝霊天皇の皇后にして第八代「孝元天皇」の御母神。
(6) 福媛命 后妃 孝霊天皇の皇女とする説もあり。日南町印賀に鎮座の「樂樂福神社」は主祭神の皇女「媛姫命(ひめのみこと)を此の福媛と同一のお方として奉斎する。
(7) 彦狭嶋命 皇子 別名 歯黒皇子
 此の皇子はお生まれになった当初から鐡(てつ)の如き黒々とした強い歯がすでに生え揃い、ご性分もすぐれておられたので、天皇巡幸の御時は必ず此の皇子を伴われた。此即ち彦狭嶋命を歯の大神と敬い奉る所以である。


4 奈良の孝霊神社(庵戸神社)
祭神 孝霊天皇、倭迹迹日百襲媛命、彦五十狭芹彦命、稚武彦命、ほか。
由緒
 岡山県や香川県など日本各地に残る桃太郎の伝説地の多くは、古事記・日本書紀に記されている孝霊天皇の皇子の彦五十狭芹彦命(大吉備津日子命)と稚武彦命(若日子建吉備津日子命)兄弟の活躍に由来するものである。
ウィキペディア
 庵戸宮は、桃太郎と卑弥呼ゆかりの地とされているが、伝説を鵜呑みに捉えた場合、桃太郎と卑弥呼は共に孝霊天皇の皇子皇女として兄妹であったということになり、それら兄妹の生誕の地としても伝えられている。


5 私見
 「古事記」では、倭建命の曾孫(ひひこ)の迦具漏比売命が景行天皇の妃となって大江王(彦人大兄)を生むとするなど矛盾があり、このことから景行天皇とヤマトタケルの親子関係に否定的な説がある。
 倭建命を孝霊天皇の皇子とするなら矛盾がなくなる。また奈良の孝霊神社の由緒では桃太郎は孝霊天皇の皇子となるが桃太郎は誰がモデルだろうか。私見では桃太郎は倭建命と同一人物であると解する。桃太郎は吉備団子を猿・雉・犬に与えて吉備の鬼を平定した。倭建命は吉備から関金に来て「この矢の止まる限りをわが守護の地とならん」と言った伝承が残っている。
 倭建命は吉備武彦(若日子建吉備津日子命)であった。古事記では倭建命は小碓命であり大碓命と双子であるとしている。吉備武彦(若日子建吉備津日子命)と吉備津彦(大吉備津日子命)は孝霊天皇の異母兄弟として記載されている。吉備武彦(若日子建吉備津日子命)と吉備津彦(大吉備津日子命)は異母兄弟だが生年が同じであったと思われる。そのことをもって藤原氏は倭建命は兄の大碓命と双子であったと改ざんした。どちらも西暦157年頃の生まれであり後に吉備武彦(若日子建吉備津日子命)は開化天皇に、吉備津彦(大吉備津日子命)は崇神天皇になった。
 古事記には朝妻姫と鶯王と福姫のことが書いてない。これも書いてあったが削除したものと思われる。高杉神社と樂樂福神社の伝承を消したかったと思われる。
 大吉備津日子命(崇神天皇)と若日子建吉備津日子命(開化天皇・倭健命・桃太郎)は、鳥取県湯梨浜町宮内で生まれていて、孝霊天皇と一緒に但馬に疎開したと思われる。卑弥呼(倭迹迹日百襲姫命)は最後に逃げた。細姫と長男の大倭根子日子国玖琉命(孝元天皇)は11年後、疎開先の但馬から天神川の西の小田集落に帰ってきた。
 倭国香媛(紐某姉)【倭迹迹日百襲姫命と彦五十狭芹彦命(大吉備津日子命)の母】と蠅伊呂杼(絚某弟)【稚武彦命(若日子建吉備津日子命)の母】は出雲神族(準王一族)であった。また細姫も磯城県主の大目の女とあるから、出雲神族(準王一族)と思われる。
 奈良の孝霊神社(庵戸神社)由緒の「黒田庵戸宮は、桃太郎と卑弥呼ゆかりの地としている」は信じるに値する。そのほうが、大吉備津日子命(崇神天皇)と若日子建吉備津日子命(開化天皇・倭健命・桃太郎)の年齢が妥当なものとなる。倭健命が関金に来た時には12歳くらいであり倭迹迹日百襲姫命(卑弥呼)は18歳くらいであった。
 景行天皇の皇子である日本武尊と叔母の倭姫命の全国巡行は、孝霊天皇の皇子である桃太郎(倭建命)と姉の卑弥呼(倭姫命)の全国巡行であった。大吉備津日子命(崇神天皇)と若日子建吉備津日子命(開化天皇・倭建命・桃太郎)は孝霊天皇の異母兄弟皇子であり、鳥取県湯梨浜町宮内(黒田庵戸宮)で生まれた。



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第七節 安来市の佐々布久神社の祭神は孝霊天皇である [倭国大乱の原因]

    第七節 安来市の佐々布久神社の祭神は孝霊天皇である。
1 安来市の佐々布久(ささふく)神社の祭神は大己貴尊(大国主命)であるとする。
 この祭神は改ざんされていると解する。
 藤原氏は、713年から733年の間20年で出雲国の大改造をしている。その時に祭神と神社の漢字表記を変えたものと思われる。
 藤原氏は9世紀に始皇帝の子孫であると言っていたくらいだから、秦王国(出雲国)をよほど気に入っていたのだろう。そのような秦王国(出雲国)を平定した孝霊天皇を出雲国の神社の祭神にしたくなかった。
 藤原氏は、713年に出雲風土記を提出させたときに、出雲に秦王国があったが倭国に平定されたことを知って、出雲国を大改造し、最初の出雲風土記を廃棄し新たに20年後に出雲風土記を作成した。
2 鳥取県にある楽楽福(ささふく)神社のうち、日野郡日南町宮内の楽楽福神社(通称・東楽々福神社)と西楽楽福神社、西伯郡伯耆町の楽々福神社、西伯郡南部町の楽々福神社、米子市安曇の楽々福神社ががあるが、いずれも祭神として大日本根子彦太瓊命(孝霊天皇)を祀っている。
 「ささふく」の名称由来
 ある夜、孝霊天皇の枕元で「笹の葉刈りにて、山の如くせよ。風吹きて鬼降らむ。」と、天津神のお告げがあった。そのようにすると鬼は降参した。
この伝承に基づいて名付けられた名称である。
 神社の屋根を笹で葺いて造ったから「ささふく」神社というとする説があるが、伝承に基づいて笹で屋根を葺いたものと思われる。
  「ささふく」神社の祭神は、大日本根子彦太瓊命(孝霊天皇)であり、島根県野義郡広瀬町石原の佐々布久神社の祭神も大日本根子彦太瓊命(孝霊天皇)であると解される。倭大乱を平定するためにここまで来られて拠点とされた。

3 佐々布久神社は安来市広瀬町石原にある。

IMG_0509
IMG_0504

IMG_0503

IMG_0514
おまけ

IMG_0516
石段の途中の踊り場から足立美術館が見える。足立美術館の日本庭園の借景の一部になっているのかもしれない。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 倭国大乱の原因 ブログトップ