So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
                                                                   

千三百年の間、藤原氏に消されてきた伯耆国(鳥取県中西部)の真実の歴史が、今よみがえる。

第二節 稚日女命はやはり、海部氏勘注系図9世孫の妹の日女命(倭迹迹日百襲姫命)と同神であり、卑弥呼である [邪馬台国・卑弥呼 その1]

 稚日女命はやはり、海部氏勘注系図9世孫の妹の日女命(倭迹迹日百襲姫命)と同神であり、卑弥呼である。


1 卑弥呼は孝霊天皇の皇女の「倭迹迹日百襲媛命またの名を日女命」と言う説が有力であり、調べてみることにしました。
 孝霊天皇は鳥取県神社誌の祭神になっており、祀られている神社の分布図を作ってみました。すると、昭和9年の時点で鳥取県は2市7郡でありましたが、出雲国に隣接する2郡(西伯郡と日野郡)に集中していました。卑弥呼が孝霊天皇の皇女の「倭迹迹日百襲媛命またの名を日女命」ならば、出雲国に隣接する2郡に父の孝霊天皇と一緒に分布しているはずである、という推測のもとに鳥取県神社誌を調べてみました。ところが、祭神として倭迹迹日百襲媛命も日女命も祀っている神社はありませんでした。その代わり、稚日女命と倭姫命を祀っている神社が出雲国に隣接する2郡(西伯郡と日野郡)に見つかりました。しかも、孝霊天皇の祀られている神社と関連があるような位置関係です。もしかしたら、稚日女命は日女命と同神ではないのだろうか。倭迹迹日百襲媛命も倭姫命と同神ではないのだろうかと思い、調べてみました。
 古事記・うけいの勝負において「織女の一人は、機具の梭の端(はし)のところで陰処を突き、それがもとで死んでしまった」とあり、日本書紀の一書に「稚日女命は梭で身体を傷つけられて死なれた」とある。また、日本書紀・崇神天皇において「倭迹迹日百襲媛命は箸(はし)で陰部を撞いて死んでしまわれた」とある。
 稚日女命はただの織女で卑弥呼ではない。しかし、まてよ倭迹迹日百襲媛命も陰部を撞いて死んでいる。何か関連がありそうだ。しかも稚日女命は日女命と似ている。大「王」も大「臣」に変えられている。もともと神社の祭神「日女命」とあったものに「稚」を付けて「稚日女命」にしたのではないのか。もしそうだとすると動機は何であろうか。


2 私見
 原古事記を読んだ藤原不比等や百済史官にとってみれば、非常に面白くない。弥生時代後期に卑弥呼や倭建命のヤマト王権によって全国と半島はすでに統一されていた記録を残すわけにはいかなかった。籠神社の祭神を替えさせるため、日本書紀編纂中の717年に籠神社に行っている。その際、原勘注系図も見ているはずである。藤原不比等や百済史官は卑弥呼が日女命であり、またの名を倭迹迹日百襲媛命であることは知っていた。百済人は刀をかざしながら勘注系図の作り直しも指示したはずである。動機は半島にいるときから夢見ていた倭国の乗っ取りである。
 日本書紀を作るにあたって、彼らは全国と半島を統一した卑弥呼は死んだことにして、新羅国をやっつける英雄を作り上げる必要があった。卑弥呼(日女命)を死んだことにするために、古事記の高天原で死んだ天衣織女を替え玉にすることを思いついた。それが稚日女命である。日女命はすでに全国の神社の祭神となっていた。日女命を祀っている全国の神社に指示を出し、稚日女命に変えさせた。新羅国をやっつける英雄を神功皇后として新たに造った八幡神社の祭神にし、日本書紀・古事記も卑弥呼の記述を書き直して神功皇后の段を作った。すべて、改ざんがわからないように整合性に気を付けながら創作している。
 古事記と日本書紀によると稚日女命は陰処をついて死んだし、倭迹迹日百襲媛命も陰部をついて死んだ。死に方が同じである。呼び名の違う同一人物を両者とも陰部をついて死んだことにした。倭迹迹日百襲媛命の作り話をなぜ挿入する必要があったのか。倭迹迹日百襲媛命の作り話がなければ完全に騙されるところであった。「端」から「箸」を連想したのかもしれない。まるっきり、その場で思いついた作り話である。大物主は天忍穂耳であり時代がまったく違う。
 全国に祀られている稚日女命ももとは日女命(卑弥呼)であった。全国の神社は藤原氏が掌握していたのであるから、日女命に「稚」を付けさせることぐらい、簡単なことであった。全国をネットワークでつなぐため、八幡神社だけでなく賀茂神社や日吉神社や天満宮や春日大社も藤原氏が造ったものである。もと社以外の浅間神社や諏訪神社も藤原氏が作り、ネットワークに組み込んだ。


3 鳥取県神社誌に見る孝霊天皇と稚日女命を祀る神社
 鳥取県神社誌が刊行された昭和9年の時点で鳥取県は2市7郡であった。そのうちの孝霊天皇(10社)と稚日女命(8社)を祀る神社は出雲国に接する2郡(西伯郡と日野郡)に集中している。孝霊天皇と稚日女命は出雲国に接する西伯郡と日野郡で鬼(出雲神族)と戦っていたと思われる。
 大日本根子彦太瓊天皇(孝霊天皇)
(1)高杉神社 西伯郡大山町大字宮内字早稲ノ上
    現住所 西伯郡大山町宮内
(2)楽々福神社 西伯郡東長田村大字東上字原ノ上
     現住所 西伯郡南部町東上
(3)楽々福神社 西伯郡尚徳村大字上安曇字宮ノ谷
     現住所 米子市上安曇
(4)楽々福神社 日野郡溝口町大字宮原字宮ノ上
     現住所 西伯郡伯耆町宮原
(5)楽々福神社 日野郡日野上村大字宮内字東宮ノ廻り
     現住所 日野郡日南町宮内1101
(6)楽々福神社 日野郡日野上村大字宮内字西馬場ノ筋
     現住所 日野郡日南町宮内1101
(7)天萬神社 西伯郡手間村大字天萬字下宮尾
    現住所 西伯郡南部町天萬
(8)菅福神社 日野郡黒坂村大字上菅字宮本
    現住所 日野郡日野町上菅
(9)日谷神社 日野郡山上村大字笠木字足羽
    現住所 日野郡日南町笠木
(10)山田神社 日野郡日光村大字杼原(栃原の誤植と思われる)字村屋敷
    現住所 日野郡江府町栃原
 稚日女命
(1)平岡神社 西伯郡淀江町大字平岡字向山
    現住所 米子市淀江町平岡
(2)富岡神社 西伯郡高麗村大字妻木字山根
    現住所 西伯郡大山町妻木
(3)前田神社 西伯郡庄内村大字古御堂字於局
    現住所 西伯郡大山町古御堂
(4)古林神社 西伯郡名和村大字加茂字以屋谷
    現住所 西伯郡大山町加茂
(5)前田神社 西伯郡法勝寺村大字西字宮ノ前
    現住所 西伯郡南部町西
(6)岩崎神社 日野郡多里村大字湯河字宮ノ前
    現住所 日野郡日南町多里
(7)吉原神社 日野郡日光村大字吉原字牛王ガ市
    現住所 日野郡江府町吉原
(8)大原神社 日野郡八郷村大字大原字貝市
    現住所 西伯郡伯耆町大原


鬼.jpg
 特に鬼(鬼・土蜘蛛・蝦夷と呼ばれていた青銅器文化の一族=出雲神族であり倭国大乱の相手方)が住んでいたといわれる鬼住山の背後の大山山麓の日光村には、孝霊天皇(山田神社)と稚日女命(吉原神社)が祀られている。周辺の地名に大(王)の付く地名が8ヶ所集中しているので栃原集落に実際に孝霊天皇がいたものと思われる。その背後の吉原集落には稚日女命がいた。これは倭国大乱を同じ時期に戦った孝霊天皇と稚日女命(ヤマト王権)の陣地の痕跡だと思われる。鬼の館の説明文には「孝霊天皇は天津神のお告げに従って、笹の葉を笹苞山に積み上げて南風で鬼住山に吹かせた」とある。お告げをした天津神は、栃原集落にいた孝霊天皇の背後の吉原集落にいた稚日女命と思われる。
 孝霊天皇(10社)と稚日女命(8社)は出雲神族(準王一族=青銅器文化の一族)と戦うために、鳥取県西部の出雲と接する2郡(西伯郡と日野郡)にいたと思われる。稚日女命は卑弥呼か台与か問われれば、稚日女命は、「稚」を付けられた日女命であり、亦の名を孝霊天皇の皇女の倭迹迹日百襲姫命と答える。稚日女命は神意を伺い・まじない・占い・知能の優れた孝霊天皇の皇女の倭迹迹日百襲姫命と同一神と思われる。
 鳥取県神社誌より孝霊天皇と一緒に鬼(出雲神族)と戦っていた稚日女命は稚を付けられた日女命(亦名は孝霊天皇の皇女の倭迹迹日百襲姫命)であった。卑弥呼=稚日女命=日女命=倭迹迹日百襲姫命となる。


4 次に、稚日女命は「倭姫命世紀」の倭姫命と同神となるか。
(1) 倭姫命は草薙剣を持っていたので女王であった。女王だから卑弥呼と思われる。卑弥呼=稚日女命である。
(2) 倭姫命は海女の祖お弁にアワビを奉納されている。稚日女命もアワビを奉納されている。海女にアワビを奉納される姫が何人もいたとは思われない。
(3) 倭姫命も倭迹迹日百襲姫命も水稲の普及に尽力しており、同一人物と思われる。
(4) 倭姫命に仕えたはずの伊射波登美命を稚日女命を祀る伊射波神社の祭神にしている。
(5) 勘注系図では11世孫の妹である日女命の亦の名として稚日女命と倭姫命を記載している。
 以上により、高い確率で稚日女命=倭姫命と思われる。卑弥呼=稚日女命=日女命=倭迹迹日百襲姫命=倭姫命となる。
 倭迹迹日百襲姫命は孝元天皇の妹であるが、倭姫命は日本書紀・倭姫命世紀では景行天皇の妹になっている。倭姫命は本当に景行天皇の妹であろうか。


5 魏志倭人伝の台与について
 魏志倭人伝にある卑弥呼が亡くなった後の「男王」とは、卑弥呼が248年、崇神天皇が258年に亡くなっているので、生前譲位した崇神天皇(在位186年~220年)や垂仁天皇(在位220年~248年)ではなく景行天皇(在位248年~280年)と思われる。男王(景行天皇)は20歳前後で即位したのだろうが人民から信頼されなかった。その男王に代わって台与は13歳で女王になったのだから景行天皇の妹くらいの年齢と思われる。おそらく魏志倭人伝にいう台与とは景行天皇の妹と思われる。
 しかし、日本書紀・倭姫命世紀では景行天皇の妹に倭姫命がいる。倭姫命に「トヨ」の発音は見いだせない。「トヨ」の発音にふさわしいのは豊鋤入姫命である。藤原氏は孝元天皇の妹である倭姫命の事蹟を欠史八代の旧辞を消したのと同じ理由で消したかったのだろうが、伊勢神宮を創建した由来を創らなければならなかった。伊勢神宮を創建した由来の「倭姫命世紀」を作るために、本来孝元天皇の妹であった倭姫命の大和国から志摩国まで巡行した事蹟を利用することを考えた。しかし欠史八代の孝元天皇の妹とすることはせず、景行天皇の妹とした。一緒に全国を巡行した倭建命(開化天皇)も同時代になるように景行天皇の皇子とした。
 本来、豊鋤入姫命は垂仁天皇の妹ではなく景行天皇の妹であった。景行天皇の妹に倭姫命を持ってきた関係上、豊鋤入姫命を移動させなければならなかった。孝元天皇は欠史八代だから、その妹にすることはできず、豊鋤入姫命は一代前の垂仁天皇の妹に持っていった。
 日本書紀や倭姫命世紀の順序は豊鋤入姫命(台与)→倭姫命(卑弥呼)である。しかし、魏志倭人伝では卑弥呼(倭姫命)→台与(豊鋤入姫命)の順である。日本書紀や倭姫命世紀と魏志倭人伝とでは順序が逆である。勘注系図も日本書紀や倭姫命世紀と同じ順序にしてあるのは、籠神社の宮司が藤原氏に見せる時に、日本書紀や倭姫命世紀と同じ順序である、と説明するためと思われる。
 卑弥呼(倭姫命)は全国・半島を平定しているから多くの国の巡行をしている。台与(豊鋤入姫命)は誅殺し合った国(鳥取県中部の周辺)だけを平定すればよかったから少ない国の巡行ですんだ。日本書紀や倭姫命世紀の順序は本来の順序と反対にしてある。本来は倭姫命は孝元天皇の妹であり、豊鋤入姫命は景行天皇の妹であった。


6 海部氏勘注系図について
 10世孫の妹の大倭姫命の一云に豊鋤入姫命がいる。彼女こそ魏志倭人伝の「台与」と思われる。
 海部氏勘注系図は先に豊鋤入姫命がきて、後に稚日女命や倭姫命が書いてあるので、藤原氏は日本書紀や倭姫命世紀と順序が同じであるとして検閲を通す印を押した。しかし、11世孫の日女命は9世孫の日女命と同一神と思われる。勘注系図はここを悟られないようにして稚日女命や倭姫命を11世孫に持ってきた。11世孫にある稚日女命や倭姫命も本来は9世孫の日女命であり、亦名は倭迹迹日百襲媛命であった。
 籠神社の主祭神は717年に藤原氏によって変えさせられている。藤原氏によって殺されるかもしれないという恐怖のもとに、717年に勘注系図も書き換えたものと解される。同一神であるわけがない神名を亦名、一云、として多く書いたのは説明する時に藤原氏の目を眩ますためと思われる。
 ちなみに、勘注系図の6世孫の大倭姫と10世孫の妹の大倭姫は同一神(台与)ではないと思われる。おそらく、13世孫あたりの妹に大倭姫(豊鋤入姫)が書かれていたのだろうが717年の訳あって祭神を替えさせられたように、細工を見破った藤原氏に書き直せと言われたと思われる。その結果ありもしない6世孫の大倭姫を作ったと思われる。藤原氏はよくできたとして合格印を押した。
 勘注系図はこれ以上深入りすべきではない。これ以上深入りすると、藤原氏の目を眩ますために書かれたあり得ない同一神に惑わされ、泥沼に入り込む。


7 参考
 海部氏勘注系図に見る卑弥呼と台与の候補
(1)6世孫 大倭姫、
○宇那比姫命、亦名、天造日女命、一云、竹野姫命、亦云、大海靈姫命、亦云、日女命云々
(2)9世孫 乙彦命(彦國玖琉命) 
妹 日女命、亦名、中津姫命、亦名、倭迹迹日百襲媛命、亦名、神大市姫命、一云、千千速日女命、一云、日神
(3)10世孫 
妹 大倭姫、一云、天豊姫命、一云、豊鋤入姫命、一云、豊受姫荒魂命、一云、大御気津姫命、一云、大宜都日女命、一云、天照姫命、亦云、五百野姫命、一云、葛木高額日女命、一云、息長水依日女命
(4)11世孫 小登與命(御間木入彦命)
妹 日女命 亦名、稚日女命、亦名、日神荒魂命、亦名、豊秋津姫命、亦名、御気津姫命、亦云、宮簀姫命、一云、玉依姫命、一云、小豊姫命、一云、豊受姫命、一云、活玉依姫命、一云、倭国香姫命、一云、倭姫命、一云、向津姫命、一云、大海姫命、一云、倉稲魂命 


 


 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0